介護(ヘルパー)の求人/正社員/パート/アルバイトの仕事/求人を探す 【カイゴジン】

わかりやすい介護の用語解説

介護資格 実務者研修(介護職員基礎研修・旧ホームヘルパー1級)の修了認定

更新日:2015年05月14日

タグ: ヘルパー, ホームヘルパー1級, 介護職, 介護職員基礎研修, 実務者研修

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カイゴジンneo

これまであった、介護職員基礎研修とホームペルパー1級が一本化し、実務者研修に変更されました。

実務者研修の修了認定は、実務経験ルートから介護福祉士になろうとする場合に、2017年1月の試験から、実務経験とともに必要になります。

あまり聞きなれない研修のため、わかりやすくご説明します。

実務者研修

実務者研修の修了とは?

実務者研修を修了することで、介護に必要な高い知識や技術を学ぶことができます。

今までヘルパーでは行えなかった、たん吸引や経管栄養の研修があるため、介護だけではなく、医療的ケアも学ぶことができます。

高齢者が増える中で、より質の高い介護ができる人を増やしていくために、研修を修了されることをオススメします。

実務者研修を修了するには

実務者研修を修了するためには、現在の保有資格によって免除科目があります。

このため、保有資格によって、修了に必要な時間が違っています。

実務者研修の修了に必要な時間(医療的ケアの演習時間を除く)

 

  資 格 要 件     必 要 な 時 間  
 無資格の場合   450時間 
 旧ホームヘルパー 3級   420時間
 介護職員初任者研修修了
 (旧ホームヘルパー 2級) 
 320時間 
 旧ホームペルパー1級  95時間
 介護職員基礎研修修了  50時間 

とても長い時間に見えますが、研修時間のほとんどが自宅学習で修了することができるため、仕事を持っていても安心して修了できます。

実務者研修スケジュール

実務者研修の内容は?

人間の尊厳と自立、社会の理解、介護の基本、コミュニケーション技術、生活支援技術など、11分野20科目の認定科目があります。
なお、先ほどお話した通り、保有している資格によって、修了が必要な認定科目が違ってきます。チェックしてみてください。

●介護福祉士養成施設等における「医療的ケアの教育及び実務者研修関係」|制度改正の概要|届出の必要ない研修にかかる修了認定科目について

サービス提供責任者になれる

実務者研修を修了することで、サービス提供責任者になることができます。

サービス提供責任者は、介護職員の中心となる人です。

利用者様、一人ひとりのサービスが計画と合っているかを見直し、ケアマネージャーや他職種と協力して、業務にあたります。
介護施設の中でも、訪問介護においては、必ずサービス提供責任者が必要となります。

サービス提供責任者は、現在不足していると言われていますので、修了することで、転職の際や、待遇面で有利になるでしょう。

●参考サイト 介護福祉士 実務者研修コース|NHK学園

医療的ケアは何ができるの?

研修では、介護の知識や技術以外に、たん吸引と経管栄養の行い方を学ぶことができます。
ただし、研修を修了したからといって、すぐに実務でたん吸引と経管栄養を行えるわけではありません。
施設の届け出や、医師の指示が必要となるため、必ず確認してから行うようにします。

Fotolia_61492628_Subscription_Monthly_M

介護福祉士を目指すために

今後、介護福祉士の資格を目指している人で、実務経験から介護福祉士の資格を取得する場合には、実務者研修を受講して修了することが必要です。

修了するために、実務経験の年数を問われないので、早めに修了されることをオススメします。

まとめ

現在介護をしている人のスキルアップの目的だけではなく、これから介護を行う人も、実務者研修を修了することは、メリットが多いです。

介護の仕事で、将来のスキルアップを考えている場合、介護職員初任者研修よりも、実務者研修を修了する方がオススメです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

← 「わかりやすい介護の用語解説」一覧へ戻る

ページの先頭へ