介護(ヘルパー)の求人/正社員/パート/アルバイトの仕事/求人を探す 【カイゴジン】

ケアマネ直伝 介護のテクニック

コラム 在宅介護の強い味方徘徊防止用GPSは、連続利用可能時間に要注意!

更新日:2015年09月25日

タグ: GPS, スマートウォッチ, 在宅介護, 徘徊防止用GPS, 認知症

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カイゴジンneo

認知症高齢者が徘徊して行方不明になることは、あまり珍しいことではなくなっています。
地域で認知症高齢者を支える取組みを行ったり、福祉サービス提供事業者が定期的な相談や、助言をしたりするケースも随分広まってきています。

しかしながら、まだまだ認知症に対する理解や協力は十分ではなく、認知症高齢者を在宅で介護する家族の心身の疲労は非常に重たいものとなっています。

そういった介護負担を軽減してくれる道具の一つに、徘徊防止用GPSが注目されています。

GPSのイメージ

徘徊防止用GPSとは?

徘徊防止用GPSは、携帯のGPS機能と同様に、端末がどこにあるかを示してくれるもので、徘徊をしている高齢者の現在地を調べる時に非常に便利なものです。

徘徊防止用GPSは各社が出しており、小さいものだと30グラムほどの重さのものが出ているようで、靴の中敷きをくりぬき端末を入れて使うこともできるものもあるようです。

GPS機能は今やいろいろな機器に搭載されているので選択肢は多くなっていますが、キャリアによって、付属の機能に差がありますので、認知症症状の状況や段階に合わせて選びたいところです。

徘徊防止用GPSで、注意すべきこと

徘徊防止用GPSは、色々なタイプがあります。
ここでは、利用上の注意と購入の際の注意についてお話しします。

【注意1】小さいので、紛失・破損に注意!

徘徊防止用GPSは非常に小型のため、使いやすいですが、同時に、紛失や破損のリスクもあります。

購入する場合は、決して安くはありませんので、取り扱いには注意が必要です。

【注意2】いつも持ち歩くよう工夫が必要!

使用上の注意点として、認知症の高齢者が端末を持ち歩かなければ効果が発揮できません。

子供の場合は、必ず持ち歩くカバンや財布などに括りつけることができますが、重度の認知症の方の場合は、シャツ一枚で靴も履かずに徘徊してしまうこともあります。

直に身に付けるタイプや、靴に入れるタイプなど持ち運ぶための工夫が必要です。

このため、GPS付きのスマートウォッチのようなリストバンドタイプが、常時身につけやすいと言えます。

【注意3】充電とGPSの連続可能時間に気をつける!

なお、GPSを長く利用するためには、マメな充電も重要です。
また、GPSによっては、連続利用可能時間が1日から10日程度のものもあります。
実際のライフスタイルにあったものを選びましょう。

※スマートウォッチは、GPSをオンにすると最長で1日以上連続利用できないものもあるため、マメな充電と常時身に付けることが必要です。購入する際には気をつけましょう。

スマートウォッチのイメージ

今後はどんなGPSの活用が理想的?

徘徊は、徘徊する理由を知り、徘徊しないように工夫することがもっとも優先されるべきことです。

このため、認知症高齢者を抱える家族や地域が認知症に関する理解を深め、地域全体で支えるようにすることが求められます。

その上で、軽度の認知症の方には本人の了解を得てGPSを渡し、重度の認知症で徘徊のある方は、工夫してGPSを常時身に付けてもらうことで、本人の心身の安全も最低限保証できますし、何より家族の介護負担が減ります。

徘徊用のGPSまとめ

今やカーナビやスマートフォンは必需品と言えるほど一般的なものになっていて、利用する人もGPS機能で管理されていることに抵抗はなくなっている気がします。

しかし、自分で自分の現在の所在地が分かるためのGPSの利用と、GPS利用で、他人に自分の居場所を知られるのとでは、随分意味合いが異なります。

このため、認知症の方のように、上手に自分の意思が表現できない方の場合は、特に周辺の人の配慮が求められます。

ただし、徘徊防止用GPSの場合は、認知症の方が事故に巻き込まれるリスクを軽減するメリットもありますので、プライバシーを充分にした上での利用は、大いに期待できます。

GPSのイメージ

The thing that makes the native iphone application developed by mister aardvark impressive is that the keys on the keyboard animate on touch and up to five keys can be pressed at once how to block adult content on android thus allowing complex chords
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

← 「ケアマネ直伝 介護のテクニック」一覧へ戻る

登場人物 紹介

吉田 めい

吉田 めい
祖母の介護をきっかけに、フリーになったイラストレーター。天然な性格のため、介護もあまり苦ではなさそう。

吉田 トラオ

吉田 トラオ
介護施設でケアマネージャーとして働く、めいの父でトラミの夫。ときどき、「ダトラ博士」になる。

吉田 トラミ

吉田 トラミ
めいの母でトラオの妻、パート勤務。佐藤和子の娘。母の介護に戸惑うことが多い。

佐藤 和子

佐藤 和子
トラミの母で、めいの祖母、転んで入院したことをきっかけに、ふさぎがちになる。

ページの先頭へ