介護(ヘルパー)の求人/正社員/パート/アルバイトの仕事/求人を探す 【カイゴジン】

ケアマネ直伝 介護のテクニック

コラム 認知症の方の介護を少しでもラクにするテクニック5選

更新日:2015年09月24日

タグ: 認知症, 認知症のケア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カイゴジンneo

認知症の方は、年々増加傾向にあり、65歳以上の高齢者では7人に1人が認知症になっています。

今後も増加し続けていき、2025年には65歳以上の5人に1人が認知症の高齢者になるとされています。

このため、認知症の方の介護の知識は、今後必要になる人が多いと言えます。
なお、認知症の病気に対する理解がないと、介護は大変と言われています。

今回は、認知症の方の介護で、困った場合のちょっとしたテクニックについて、ご説明いたします。

認知症高齢者イメージ

認知症の方と接する際に気をつけること

認知症の方は、介護に必要な行動でも、必要だと理解することが困難なため、現在の状況だけで、快・不快で判断して、抵抗してしまいます。

例えば、おむつ交換が必要な場合でも、服を脱がされるという行為を嫌だと思うと、暴言や暴力をしてでも、介護を抵抗されてしまいます。

ヒント1:押さえつけるよりも見守り

これらは、状況判断能力が低下していることで起こるのですが、話を受け入れることはできます。

介護職(介護職員初任者研修実務者研修など)の方や家族の方が、介護を行う場合には、例えば、「おむつを変えたいから、服を脱がしますね」など、これから何をするかをわかりやすく説明してから行うと、暴言や暴力の介護への抵抗がなくなります。

認知症の方は押さえつけられることに対して、強く嫌がります。

転倒するからと抑制をすることや、危険防止のため身体拘束をしてしまうと、認知症の悪化や、介護する人への不信感が強くなります。

見守りを行うことで、自由な時間を与えることが大切です。

ヒント2:介護している方の上手な息抜き

認知症の介護を行う場合に、上手くいかないことや納得できないことは多くみられます。どのような態度も、言葉も受け入れられるように、心を穏やかに保つことが大切です。

そのためにも、介護されている方は休みを利用して、息抜きしていくことが重要です。

認知症の方の介護で相談できる行政などの窓口は?

認知症の方の介護を行う場合には、理解できないことや精神的に辛くなることがあります。
そうした場合に、相談できる窓口があります。

認知症の方の介護で相談できる行政の窓口として、お近くにある地域包括支援センターが相談窓口となっています。

地域包括支援センターは、市町村に必ず設置されているため、直接訪問や電話で、相談することができます。

介護している方の息抜きに、一時的な施設利用も!

認知症の方が入所できる施設として、グループホームがあります。

グループホームでは共存生活ができることが条件とされているため、精神不安定な状態や寝たきりの状態では、受け入れは難しい場合があります。

ヒント3:一時利用(デイサービス)も含めて、施設も利用する

また、認知症の方のためのデイサービスもあります。

介護老人保健施設には、認知症の方が入れる認知棟がある施設が増えているため、重度認知症の方でも、入所することができます。

認知症高齢者が増えていることから、住宅型有料老人ホームでも認知症を受け入れる体制が整えられている施設が、増えてきています。

在宅の認知症の介護は服薬管理が大切

服薬管理グッズ

認知症の方は内服薬の服薬がとても大切です。
在宅で生活する場合には、内服薬を飲み忘れないようにする必要があります。

ヒント4:服薬管理でグッズを活用

服薬のための便利なグッズとして、お薬カレンダーがあります。

見た目で何曜日のいつ飲むのか把握できるように、お薬ケースよりお薬カレンダーの方がよく、1週間分と朝・昼・夕・眠前に分けられているものが利用しやすいです。

また、日付や曜日がすぐに把握できるように、お薬カレンダーの近くに、月々のカレンダーを貼っておくとより効果的です。

ヒント5:服薬管理は最後まで!

認知症の方は、内服薬の調整がとても大切なため、内服薬を飲み込むまで確認することを忘れないようにします。

これは、服薬を本人任せにすると、飲み忘れや、飲み過ぎが起こるからです。

家族や介護の方で、最後まで飲んだかどうか、できるだけ管理するようにしましょう。

認知症についてのまとめ

認知症の方の介護は、予想もしていないことが多いため、とても難しく感じることが多いです。

しかし、介護の行い方で、認知症状を和らげることや、認知症の進行を遅らせることができます。

ヒント5:心にゆとりを持つこと

心にゆとりを持ち、穏やかに声をかけながら、コミュニケーションをとることが大切です。
ゆとりを持つためにも、デイサービスの利用などで、少しでも介護者している方の負担を減らすことが重要です。

介護ヘルパー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

← 「ケアマネ直伝 介護のテクニック」一覧へ戻る

登場人物 紹介

吉田 めい

吉田 めい
祖母の介護をきっかけに、フリーになったイラストレーター。天然な性格のため、介護もあまり苦ではなさそう。

吉田 トラオ

吉田 トラオ
介護施設でケアマネージャーとして働く、めいの父でトラミの夫。ときどき、「ダトラ博士」になる。

吉田 トラミ

吉田 トラミ
めいの母でトラオの妻、パート勤務。佐藤和子の娘。母の介護に戸惑うことが多い。

佐藤 和子

佐藤 和子
トラミの母で、めいの祖母、転んで入院したことをきっかけに、ふさぎがちになる。

ページの先頭へ