介護(ヘルパー)の求人/正社員/パート/アルバイトの仕事/求人を探す 【カイゴジン】

ケアマネ直伝 介護のテクニック

コラム 帰省時こそ家族の健康!高齢の家族のための無料健康アプリ7選

更新日:2015年08月05日

タグ: アプリ, 介護, 帰省, 高齢者の健康

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カイゴジンneo

こんにちは、おばあちゃんの介護をしている吉田めいです。

突然ですが、あなたは、帰省などの際に、ご両親や、おじいちゃん・おばあちゃんの身体の衰えを感じたことはありませんか?

たとえば、ご家族で会話している時に「今朝、薬を飲んだかを覚えていない」や、「老眼鏡が合わなくなってきた」などと言われて、『身体や記憶力が弱ってきているのかな?』と感じたことが、あるのではないでしょうか?

特に、久しぶりにお盆休みなどで帰省した場合は、ご家族の身体の機能の衰えを感じることが、多いようです。

ですが、やはり、ご両親や、おじいちゃん・おばあちゃんには、元気に長生きしてもらいたいものですよね。

そんなあなたのために、今回は、ご家族の健康がフォローできる便利な無料アプリをご紹介します。
是非、チェックしてみて下さいね。

それでは、早速はじめます!

帰省イメージ

1.「お薬ノート」お薬の飲み忘れ防止アプリ

お薬ノート

●お薬ノート(iPhone)
●お薬ノート(Andoroid)

「お薬ノート」とは?

年齢を重ねると、身体の衰えとともに薬の服用量が増えます。
また、増えた薬を飲むタイミングが、食後・頓服など、バラバラの場合は、どうしても飲み忘れがちです。

そして、年齢とともに記憶力は、落ちる傾向にあるため、どうしても「薬を飲んだかどうか」を忘れがちです。
そんな場合には、スマートフォンの無料アプリの「お薬ノート」が便利です。

お薬ノートは、お薬を飲む時間と、お薬の服用が記録できるアプリです。
飲み忘れを防止するためのアラート機能や、お薬の服用が記録できます。

また、お薬の服用データもバックアップもできます。

なお、お父さんとお母さんと自分など、複数の家族のお薬をまとめて管理することもできます。

薬の服用と管理

2.「でか文字スコープ」視力の衰えに使えるアプリ

でか文字

●でか文字スコープ(iPhone)
●でか文字スコープ(Android)

「でか文字スコープ」とは?

ご両親や、おじいちゃん・おばあちゃんが、新聞を読む時や、テレビを見ている時に見えにくそうにされていることはありませんか?

実は、50代で60%、70代では90%、90代で100%が白内障になり、白内障は、目のかすみ・視力低下がひき起こすと言われています。
また、40代後半からは急激に老眼が進むため、老眼は、特に小さな文字が見にくくなります。

つまり、加齢とともに「視力が低下」しやすくなるのです。

目が見えにくければ、眼鏡などで調整できますが、進行中の老眼は、1年に何度も眼鏡を作り直しても、見え方が安定しない場合があります。

言い換えると、ずっと眼鏡があっていない状態が続いているのです。

そんな時に便利なのが、こちらのアプリです。
まるで虫眼鏡のように、必要な箇所が大きくなり、見えやすくなります。

老眼と白内障

3.「chizuatter(チズッター)」最寄りのトイレが探せるアプリ

チズったー

●「chizuatter for iPhone」(無料)
●「chizuatter for Android」(無料)

chizuatterとは?

家族との外出の時、急なトイレで、トイレ探しで困った経験は、ないでしょうか?
特に、高齢の方がいらっしゃれば、やはり、トイレの場所を把握しておければ、安心して外出できますよね。
そんなあなたにオススメなのが、このアプリです!

このアプリは、現在地から最寄りのトイレを探すことができます。
使い方は、簡単で現在地(マイマップ)から、キーワードでトイレを検索すると最寄りのトイレが見つかります。

また、このアプリは、App Storeの位置情報アプリの無料カテゴリで、1位を獲得した人気ソフトです!是非、ダウンロードされることをオススメします。

トイレ

4.「つながりサポート」離れて暮らす家族の様子がわかる

つながりほっとサポート

●つながりほっとサポート
※なお、こちらのサービスはNTTドコモを利用する方のみの無料サービスです。

「つながりサポート」とは?

久しぶりに離れて暮らす家族に会うと、普段の状況や、健康状態が心配になりますよね。
特に、平日の夜などに、電話しても、中々連絡がつかない場合など、心配になります。

そんな時、オススメなのがNTTドコモの無料サービスです。

このアプリは、離れて暮らす家族のケータイやスマートフォンの利用状況(歩数計や電池残量など)の自身の状況を、予め設定した「メンバー」へ連絡できるサービスです。
たとえば、今日、歩数計でどれだけ歩いていたかを、ご家族に自動でお知らせできます。

孤独な老人

5.「みまもりホン」電話と見守り機能のアプリ

みまもりホン

●みまもりホン
※みまもりホンは、Androidのみ

Fotolia_78358652_Subscription_Monthly_M

「みまもりホン」とは?

みまもりホンは、一人暮らしの高齢者の方の動きを端末センサーで監視します。
センサーで動きが確認されない場合、アラームで警告します。

アラームでも反応がない場合、登録された家族に「注意メール」を自動送信します。
なお、就寝時間などは、アラーム警告を除外する時間帯に設定できます。

6.「からだグラフ」血圧・体脂肪など管理出来るアプリ

ウェルネスリンク

●からだグラフ

「からだグラフ」とは?

両親や、おじいちゃん・おばあちゃんから、「最近、少し血圧が高い」や、「最近、体脂肪率がアップした」などと聞くと、やはり健康で長生きして欲しいと心配になりますよね。

血圧や体脂肪率は、日々の小さな変化を記録して、変化の割合をチェックすることが大切です。
ですが、毎日血圧や体脂肪率を記録していくのは、意外と面倒なものです。

そんな時、このアプリが便利です。血圧計と体温計・歩数計などの機器に連動して、自動で記録できます。

使い方は、Wi-Fi通信を使って、測定したデータを、自動で転送できます。
なお、記録したデータはサーバ上に転送されるため、他の人も見ることができます。

血圧計と体温計・歩数計などの機器に連動して簡単に身体の変化を記録できる『からだグラフ』は、下のページから簡単にダウンロードできます。
なお、実際に利用するには、ウェルネスリンクの指定する血圧計・体温計などが必要になります。

血圧測定

7.「ケア記録」要介護・要支援の方向けアプリ

ケア記録

●ケア記録(無料)
※ケア記録は、Androidのみ

「ケア記録」とは?

「離れて暮らしている、おじいちゃん・おばあちゃんの体調が心・・・」こちらは、そんな方向けのアプリです。

このアプリは、毎日の血圧・体温、水分摂取量・排泄量などを記録することができます。
また、記録された情報は自動集計され、「日」、「月」、「年」のそれぞれの平均値を知ることもできます。

訪問看護


・・・いかがでしたか?
また、年齢を重ねるとどうしても、足腰が弱くなり、立ち上がる力が弱くなりやすいです。

帰省の際には、手すりをつけるなど簡単なバリアフリーをしてあげることも、とても喜ばれて、役に立つのでオススメです。

手すり付きのトイレ

ご両親やお祖父ちゃんお祖母ちゃんが高齢になれば、やはり体調は心配です。
ほんの少しのケアで、家族が元気で長生きできれば、こんなうれしいことはないですよね。
あなたの大切な家族が、どうか元気に長生きできますように。


めい

お父さん、介護も大事だけど、介護予防も大切だね。

父

そうだね。
介護が必要になる前の段階で、身体機能を保てる方が良いからね。
また、高齢になると、顔を見せてあげるだけでも、喜ばれるんだよ。

めい

うん、私も夏休み、お祖母ちゃんが寂しくないように、家族で一緒にいるね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

← 「ケアマネ直伝 介護のテクニック」一覧へ戻る

登場人物 紹介

吉田 めい

吉田 めい
祖母の介護をきっかけに、フリーになったイラストレーター。天然な性格のため、介護もあまり苦ではなさそう。

吉田 トラオ

吉田 トラオ
介護施設でケアマネージャーとして働く、めいの父でトラミの夫。ときどき、「ダトラ博士」になる。

吉田 トラミ

吉田 トラミ
めいの母でトラオの妻、パート勤務。佐藤和子の娘。母の介護に戸惑うことが多い。

佐藤 和子

佐藤 和子
トラミの母で、めいの祖母、転んで入院したことをきっかけに、ふさぎがちになる。

ページの先頭へ